東京都荒川区日暮里のさとう式リンパケア整体サロンハピネコ│リンパの流れやすい身体にすることで、
肩こり・腰痛などの痛みを解消し、ダイエット・美肌など体を美しく整えていくボディケアサロンです。

HOME > 最新情報 > アーカイブ > 2018年1月

最新情報 2018年1月

痛みがひどくて脱力がうまくできないクライアントさんの施術例

先日は、筋拘縮がひどいクライアントさんが来店されました。

 

 


関節を痛めたりしてしまって、「動かすと痛い」状態が続いてしまうと
「動かすことが怖く」なってしまうんですね。

 

そして、つい力をいれて固めてしまって、動かなさいので余計に筋肉が固くなってしまい、

動きにくくなってしまうという悪循環に入ってしまいます。

 

 


さとう式の施術では、細かく揺らしたりして筋肉をゆるめていくんですけど、

そういうクライアントさんの場合は、「動かされる」=「怖い」となってしまって、

脱力がうまくできず、筋肉が緩みづらい場合があります。


そんな時は、施術者が頑張るのではなく、クライアントさんに協力してもらいましょう。

 

 


何をやるかというと、「力を入れて⇒力を抜く」をやってもらいます。

これは通常、セルフケアで使用するテクニックなのですが、

「怖い」気持ちが先行してしまう方は、自分でコントロールできる方が

怖くないので、有効な方法です。

 

 

どうやってやるかというと、

 

① 動かすと動かなかったり痛かったりする一歩手前の場所で固定

 

② 動かせないのと逆の方向に力を入れて数秒キープ ⇒ 脱力

 この時も関節自体は動かないように施術者が固定していますので、痛いことはありません。

 

③ 呼吸

 

②~③を2~3回繰り返して、動ける範囲が広がったことを確認します。

そしたらまた新しい状態で①から行います。

 


これを繰り返すことで、「痛くなく動ける範囲」が広がったことをクライアントさんに感じてもらいます。

 

 

セルフケアも、「痛くない範囲でなるべく動かすように」伝えています。

 

ハピネコでは さとう式の施術だけでなく、カラダの可動域が極端に狭い方にもオーダーメードでの施術を

させていただいていますので、「今の状態がよくなるか試してみたい」という方はお気軽にお問合せください。


1

« 2017年11月 | メインページ | アーカイブ | 2018年2月 »

このページのトップへ